歯医者のマル得情報

歯医者の選び方のポイント

歯医者への道と仕事内容

歯医者は、正式には歯科医師と言い、厚生労働省が認定する歯科医師国家試験に合格した者をいいます。国家試験を受けるには、歯学部のある大学で、歯学に関する指定された単位を取得し、専門知識を身につける必要があります。歯科医師資格を取得した者は、1年以上の臨床研修を経て、病院や歯科医院に勤務するものが多いですが、開業するものもいます。主な仕事の内容は、歯の治療、歯列矯正、義歯作製、顎関節症治療、口腔内環境の改善と予防などです。

歯医者で定期検診を受ける

虫歯が出来ると、完治するまでに歯医者さんに何度も通わなければならなくなり、時間もお金も掛かります。普段から、虫歯予防を行うことで、万が一虫歯が見つかっても早期発見、早期治療が行えるので、治療するのに時間やお金も短縮することが出来ます。行った際には、歯石を取っていただくなどして、普段の口腔ケアよりも更に丁寧な口腔ケアを行ってもらうことで、お口の健康を保つことに繋がり、年齢を重ねても、歯を残すことが出来ます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科の再診までの期間について All rights reserved