歯科で虫歯予防を

歯科の定期検診の意味

虫歯予防のために歯科でフッ素を

3歳くらいまでは、市区町村で歯科の定期検診があるため、ある程度虫歯の予防ができますが、3歳を過ぎた頃からは、歯医者での定期健診がおろそかになりがちです。小さいころから定期的にフッ素を塗ることで、虫歯の予防をすることができます。フッ素はだいたい1~2か月に1回程度塗ると良いため、虫歯予防のために通うことをおすすめします。フッ素流布は、自宅でも行えますが、歯医者で行われるフッ素は強力なため、自宅でのフッ素と併せて行うことが大切です。

歯科への予約の仕方について

歯や歯茎のトラブルは自然治癒するものではありません。いくら自分なりに歯磨きを工夫したり生活習慣を改善しても虫歯や歯周病は治りません。ですからなにか心配なことがあるときには早めに歯医者さんへ予約を入れて診察してもらいましょう。予約するのが面倒だとか緊張するので予約しづらいという方もおられます。歯科への予約は大抵電話一本で、しかもこちらの症状を簡単に伝え希望の診察時間を述べるだけです。ほんの1 2分ではないでしょうか。また受付の方も電話予約に慣れていますので安心して予約を入れることができます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科の再診までの期間について All rights reserved